蛭子能収

(画像は蛭子能収公式ブログスクリーンショット

うっかり、相手に失礼なことを言ってしまったかもしれない…」そんな経験がある人もいるだろう。

26日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)にて、漫画家蛭子能収のロケ先での言動に、批判が相次ぐ事態となっている。

■栗羊羹の断面を見にロケへ

番組では、視聴者から寄せられた「いろんな羊羹断面が見てみたい!」という依頼をえるべく、蛭子が様々な名店の羊羹をレポートすることに。

一軒和菓子店に入った蛭子が、ガラスの商品ケースをベタベタと触る様子に、有吉弘行は「神経」と苦言。2軒の店では、香り付けのための葉に包まれ、中にきんとんが入った羊羹を試食したのだが…

「外はチョコレートに包まれて…あ、羊羹? チョコレートだと思ってた」

と、「羊羹断面を見る企画」でまさかの発言。店員が「チョコレートは入っていません…」と横で注釈を入れる様子に、マツコ・デラックスも思わず「これは酷いね、ほんとに」と呆れていた。

■その後も天然発言を連発

その後も、羊羹の上にカステラ生地が乗ったむし羊羹が登場すると、「カステラがあんまり売れないから、コレ(羊羹)が売れるときにくっつけて出してるって考えられますね」とコメント

5種類の断面美しい羊羹について、独特な感想を述べた蛭子に、マツコは「恐らくもう、味覚はないんだろうね」とバッサリ。有吉は「芸界で売れることと引き換えに、味覚を捨てた(のでは?)」とジョークを交わし、笑いを誘っていた。

■「失礼すぎる」と批判殺到

蛭子の自由な振る舞いに、インターネット上は騒然。「お店の人に失礼すぎる」といった批判が相次ぐ事態に。

伝統ある逸品に対して、あまりにも雑なレポートをする蛭子への批判や、「そもそも何故蛭子さんにやらせたの?」といった疑問のも。

■有吉のコメントが大ウケ

一方で、フォローしつつも最後にはバッサリと切って捨てた有吉のコメントにも、多くの反が寄せられている。

中には、有吉とマツコのツッコミが面くて、ついつい見てしまった、といった感想も。

芸術肌だから」と言ってしまえばそれまでなのだろうが、作り手をの前にしての「蛭子節」は、少々インパクトが強すぎてしまったようだ。

・合わせて読みたい→蛭子能収を愛し、週2でおねしょ 井上咲楽に「凄いのは眉毛だけじゃない」の声

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

蛭子能収、店での無礼すぎる言動に批判殺到 マツコも「これは酷い」と絶句


(出典 news.nicovideo.jp)

蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント、エッセイスト、ギャンブラー、俳優、ナレーター、映画監督。ファザーズコーポレーション所属。 熊本県天草市生まれ、長崎県長崎市育ち。長崎商業高等学校卒業後、地元の看板店に就職するも、つげ義春
213キロバイト (27,219 語) - 2018年9月24日 (月) 12:50



(出典 d39t9tn4y25mgl.cloudfront.net)


蛭子能収

<このニュースへのネットの反応>

【蛭子能収、店での無礼すぎる言動に批判殺到 マツコも「これは酷い」と絶句】の続きを読む