NO.8055512 2019/12/27 09:53
安倍首相と近い笹川平和財団から、山口敬之氏に400万円超の経費
安倍首相と近い笹川平和財団から、山口敬之氏に400万円超の経費
 2019年12月19日、勝訴判決を受け、外国特派員協会で行なわれた記者会見で、伊藤詩織さん(40)は、次のような新事実を明らかにした。

〈安部首相は2015年4月、笹川平和財団のために米国で講演を行ないました。その見返りに、“山口敬之氏を米国のイースト・ウェスト・センターに派遣してほしい”という要請が官邸より笹川平和財団にありました〉

 いささか旧聞に属するが、話は2015年10月にさかのぼる。“人類みな兄弟”を標榜した笹川良一(1899〜1995)の三男・笹川陽平(80)が名誉会長として率いる『笹川平和財団』。財団の関係者によると――

「当時、日米交流事業を担当していたある職員が、上司から、こう言い渡されたそうです。“この人物のビザの取得について手伝ってほしい。上で話はついている”と」

「この人物」こそ、山口敬之元TBSワシントン支局長(53)なのだ。

 時系列的に振り返っておくと、準強姦逮捕状が出される事件が発生したのは2015年4月。その直前の3月、山口記者は支局長として暖めていた企画「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた」について、その報道をTBS上層部から却下された。そのため、これを週刊文春に持ち込んで記事化して..



【日時】2019年12月27日 08:00
【ソース】デイリー新潮




#11 [匿名さん] :2019/12/27 13:09

>>0
金満生活している山口のパトロンとは笹川平和財団?


#2 [匿名さん] :2019/12/27 09:59

一般的に会社の部下が不正したら社長は辞任だよな❗


#3 [匿名さん] :2019/12/27 10:08

>>2
任命した大臣が次から次へと不祥事で辞任しても
任命責任は私にあります
と言うだけで何の責任も取らない*総理もいるから何とも言えないよwww


#6 [匿名さん] :2019/12/27 10:21

詩織は朝鮮人だから綺麗でも味方にはなれない


#8 [匿名さん] :2019/12/27 10:38

>>6



24時間365日体制で工作活動をする自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)の禿、眼鏡、デブ、*の皆さん


#16 [匿名さん] :2019/12/27 13:19

色々言われてるが、どっちもどっちやと思うで
まぁ酒に飲まれるなら酒は飲むなってことやな


#20 [匿名さん] :2019/12/27 13:24

>>16
アホ


#25 [匿名さん] :2019/12/27 13:45

>>23
インキンタムシ


#23 [匿名さん] :2019/12/27 13:32

>>20
誹謗中傷


#29 [匿名さん] :2019/12/28 19:35

伊藤擁護連中の訴える訴える連呼には笑うしかない笑笑


#31 [匿名さん] :2019/12/28 19:36

>>29
ご自身の過去の投稿を思い返し、反省すべきは反省なさって下さい。期待します。


#34 [匿名さん] :2019/12/28 19:39

>>31
いつでもカモーンヌ大爆笑


#35 [匿名さん] :2019/12/28 19:42

>>31
自分では何も出来ない小物以下ww


#70 [匿名さん] :2019/12/29 06:28

>>29
なんかそれ聞いて日和った女議員いなかった?


#50 [匿名さん] :2019/12/28 22:08

山口って53なんだな
65くらいだと思ってたわ


#54 [匿名さん] :2019/12/28 22:18

>>50
確かに、老けてるわ!


#51 [匿名さん] :2019/12/28 22:12

反戦だ平和だというパヨク、9条信者のお花畑の皆様に言いたいことがあります。

戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事ということです。

国民の生活が大事なんていう政治は私は間違っていると思います。

稲田朋美
次期総理大臣


#53 [匿名さん] :2019/12/28 22:17

>>51*なん?


#56 [匿名さん] :2019/12/29 00:30

>>51
稲田朋美は「生長の家」の信者だからな
しかも開祖の神国日本という思想の熱烈な信奉者
カルト信者が防衛大臣だった、という恐ろしさ


#62 [匿名さん] :2019/12/29 05:04

>>56
ヤバいよね


#55 [匿名さん] :2019/12/28 22:19

小室に恵んでやれよ(笑)

特待生じゃなくなったんだろ?


#57 [匿名さん] :2019/12/29 00:32

>>55
小室は口止め料2000万円貰えるらしい


#64 [匿名さん] :2019/12/29 05:23

>>57
嘘吐きバカ


#79 [匿名さん] :2019/12/30 10:34

ならず者の反社会勢力長州朝鮮テロリストに媚び諂う犯罪者だらけ。

************【帝国陸軍の実態(ほんの一部を紹介)】**********
             <ひっ*てゆけと言った>
  私の連隊である戦車第一連隊は戦争の末期、満州から連隊ごと帰
  ってきて、北関東にいた。東京湾や相模湾に敵が上陸すれば出撃す
  る任務をもたされていたが、もし敵が上陸したとして、「われわれ
  が急ぎ南下する、そこへ東京都民が大八車に家財を積んで北へ逃げ
  てくる。途中交通が混雑する。この場合はどうすればよろしいので
  ありますか」と質問すると、大本営からきた少佐参謀が、「軍の作
  戦が先行する。国家のためである。ひっ*てゆけ」といった。
      (司馬遼太郎氏著『歴史の中の日本』他より引用)


#81 [匿名さん] :2019/12/30 10:36

>>79続き
国というものを博打場の賭けの対象にするひとびとがいました。
  そういう滑稽な意味での勇ましい人間ほど、愛国者を気取っていた。
  そういうことがパターンになっていたのではないか。魔法の森の、
  魔法使いに魔法をかけられてしまったひとびとの心理だったのでは
  ないか。・・・あんなばかな戦争をやった人間が不思議でならない
  のです」(司馬遼太郎『雑談「昭和」への道』より)

  「参謀」という、得体の知れぬ権能を持った者たちが、愛国的に
  自己肥大し、謀略を企んでは国家に追認させてきたのが、昭和前期
  国家の大きな特徴だったといっていい。(司馬遼太郎『この国のか
  たち<一>』より)


#82 [匿名さん] :2019/12/30 10:37

>>81続き
日本の軍隊の伝統には独特な要素があった。例えば、ドイツ軍で
  は「敵を*」とまず命じられたが、日本軍は*こと以上に*
  ことの大切さを説いた。この日本軍の自分たちの兵士に対する残虐
  性は、19世紀後半の近代化の初期段階においてすでに顕著に現れて
  いる。1872年に発令された海陸軍刑律は、戦闘において降伏、逃亡
  する者を死刑に処すると定めた。もちろん良心的兵役拒否などは問
  題外であった。軍規律や上官の命令に背くものは、その場で射*
  ることが許されていた。さらに、江戸時代の「罪五代におよび罰五
  族にわる(ママ)」という、罪人と血縁・婚姻関係にある者すべて
  を処罰する原則と同様に、一兵士の軍規違反は、その兵士のみなら
  ず、彼の家族や親類にまで影響をおよぼすと恐れられていた。個人
  の責任を血族全体に科し、兵士個人に社会的な圧力をかけることで、
  結果的に規律を厳守させていたのである。この制度によって、兵士
  の親の反対を押さえつけ、兵士による逸脱行為はもちろんのこと、
  いかなる規律違反も未然に防止できたのである。さらに、警察国家
  化が急激に進むにつれて、1940年代までに、国家の政策に批判的な
  著名な知識人や指導者が次々と検挙・投獄され、国家に反する意見
  を公にすることは極めて困難になった。(大貫美恵子氏著『学徒兵
  の精神誌』岩波書店、pp.7-8)


#80 [匿名さん] :2019/12/30 10:35

安倍は郷土の恥


#88 [匿名さん] :2019/12/31 10:59

>>80
汚染水の保管場所は山口で決定。桜の会とか本当にクズ。