日本ハム・清宮 右手首は骨折 全治不明、手術の可能性も


NO.7306527
日本ハム・清宮 右手首は骨折 全治不明、手術の可能性も
日本ハム・清宮 右手首は骨折 全治不明、手術の可能性も
日本ハムは4日、清宮幸太郎内野手(19)が都内の病院で痛めていた右手首の検査を受け「有鈎(ゆうこう)骨骨折」と診断されたと発表した。

全治は不明。

重傷であることが判明したため、日本代表に選出されていた今月9、10日のメキシコとの強化試合も辞退が確実で、同29日のシーズン開幕後も当面は2軍でリハビリを続けることになりそうだ。

清宮は早実時代に高校通算最多とされる111本塁打を放ち、17年ドラフトで7球団競合の末に日本ハム入り。

昨季は高卒1年目ながら打率・200、7本塁打、18打点の成績を残し、大器の片りんをのぞかせた。

2年目でのさらなる飛躍を目指し、昨年11月の沖縄県国頭村での秋季キャンプでも精力的に練習を重ねたが、その期間に右手首を痛め、同12月から約1カ月間も打撃練習を回避した。

2月の春季キャンプでは患部の状態も回復し、実戦でも順調にアピール。

今月2日の札幌ドームでのDeNA戦では右翼席中段に特大のオープン戦1号を放った。

しかし、前日3日の同戦の9回打席でファウルを放った際に右手首を痛めて途中交代。

帰り際には「病院に行ってみて、という感じ」と患部の..



【日時】2019年03月04日 17:32
【ソース】スポーツニッポン








#9 [匿名さん] :2019/03/04 18:02

弱っ!!ひ弱っ!!
デッドボールとか自打球なら兎も角
ちゃんとバットに当てて有鈎骨骨折とか…
情けね〜


#10 [匿名さん] :2019/03/04 18:03

>>9
一年春からクリーンアップ
甘やかした高校の監督も悪い